セフレ関係を築く上での注意点

常にリスクを感じる

本気になった時点で関係を絶つ

出会い系サイトでは多くの人妻や妻帯者といった家庭をすでに築いている人が利用しています。

一夜限りの関係だったり、セフレ関係を求めて利用している人は非常に多いです。

世間的には浮気や不倫と言うのはいけないとされていますが、実際は出会い系サイト利用者のおよそ3割近くて既婚者だと言われているほど多くの人が求めているのです。

出会い系サイトでは割り切りの出会いを求めて利用する掲示板などがありますし、そもそも匿名で利用できたりすることが出来るので既婚者の出会いの場としては出会い系サイトしかないからこそ多くの人が利用しているのです。

セフレの関係になったら誰だって嬉しいでしょう。しかし、すでに家庭を持っている身としては気をつけなくてはいけません。

その前提としてどちらか一方でも本気になってしまったら関係を絶つようにしないといけません。

あくまでも家庭を第一優先を守って行動をしないとバレてしまった時はものすごいことになってしまうわけです。

慰謝料などの金銭面などもありますし、世間の目はかなり厳しいものですよね。さらには子供がいた場合は親権も取られてしまうばかりか子供にもものすごい影響を与えてしまうことになります。

一時の感情で一瞬で全てが水の泡になってしまう危険性があるということを考えて行動をしましょう。

記録を残さない


まず絶対に大切なことはバレてはいけないということです。

そしてバレてしまうのは記録に残してしまってそれが発覚してしまうからですよね。

自らリスクを持ち歩いていたり家庭に持ち込むようなことをしても意味がありません。ですからまずはセフレとのメールのやり取りとかは一切に記録して残しておかないようにしましょう。

出きる事ならばメールでやり取りをするのではなくて出会い系サイトに登録をしておかないと見れないようにしておきましょう。

よくLINEの交換をして便利だからとLINEでやり取りを使用とする人がいますが、LINEは便利でみんなが利用しているからこそ一番チェックをされやすいわけです。

出会い系サイトならばログインしない以上はメッセージを見られてしまうと言う可能性は減りますよね。

なるべくならば出会い系サイト上でやり取りをするようにしましょう。

会う回数を最小限にして会う場所にも気をつける


セフレの関係に男女がなると付き合いたてのカップルのような懐かしい気持ちになります。またHも盛り上がって何度もしたくなりますよね。

セックレスレの関係に嫌気が差して出会い系サイトを利用する人もいるわけですからHをしたくなるので何度も会いたくなるわけです。

しかし、会う回数が増えれば増えるほど家族にバレてしまう可能性も高まります。

週に何回もあっていれば近所にも見られてしまう可能性も高いですよね。

またよくあるのがホテル代をケチってお互いの自宅でHをするという人がいますが、バレてしまったらもう逃げ道はありませんよね。

絶対にしてはいけません。

また自宅を教えあうと言うのも非常に危険な行為です。相手が本気になって家族がいるときに自宅に来られてしまって全てを暴露されてしまう危険性だってあります。

絶対に自宅を教えるのはNGだと思ってください。

相手が教えてと言われてもそこはお互いのために教えあうのはやめておこうと釘を刺しておきましょう。

セフレ関係を築く上での注意点のまとめ


セフレ関係はとても危険な綱渡りなようなものです。一度踏み外してしまえば一気に絶望へと変わってしまいます。

出きる事ならばセフレ関係を築かないほうがいいのかもしれませんが、それを求めて出会い系サイトを利用しているわけですから中々一度関係を築いてしまえばそこからやめられるとは思わないでしょう。

だからこそバレる可能性を極力関係性でいるようにすることが大切です。

常に危機感を持ちましょう。長くセフレ関係が続くと気を抜けてしまいますが、気を抜いてしまったらもう終わりだと思ってください。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る