メールのやり取り

とにかく慣れることが大切

もっとも手軽なコミュニケーション

メールでのやり取り方法

メールってだれもが今の時代だったら利用しています。メールの普及率だったら日本は90%以上の高い水準を誇っており、今の時代でメールを利用したことが無いという人のほうが珍しいと言えるでしょう。

だれもが利用しているし馴染みのあるもの!だからこそ非常にメールの送り方というのは難しいのです。メールってそもそも相手の表情が分かりませんよね。

絵文字などを使って表現しているといっても内心はどう思っているのかわかりません。ゲームをしながら適当に送っているのか、メールをどう送ろうか迷いながらも真剣に相手に想いよ届けと思ってやっているのかはわからないんです。

またメールの回数を多くこなせばこなすほど相手との距離は縮まると思ってものすごい量のメールを送っちゃってる人もいますが内心相手は迷惑をしているかもわからないです。

メールというのは実はものすごい置くが深いものなのです。電話だったら会話に集中しなくてはいけないのですがメールは片手間でできてしまうと言う気軽さから想いが中々伝わりづらいという難点もあります。

意外とメールが苦手で何を送っていいのか分からないと言う人もいるでしょう。そこでメールのやり取りをする上での参考にしていただけたらと思って紹介していきたいと思います。

まずはじめにメールを一回に送る量ですが、これは長文じゃなければ特に大丈夫だと思います。短文で一行二行で敬語で絵文字もないとなると問題はありますがそんなことをしている人はいないと思いますのであえてここは説明しません!

え?している?そうなるとかなり問題あります。相手からしてみれば怒っているんじゃないかと思ってしまいますので必ずメール一回につき一個は絵文字を使うぐらいはしておきましょう。短文でも感情があれば大丈夫だと思います。

問題は長文です。長文はみません。パソコンで送られてくる長文でもうんざりするのにそれが小さい携帯などで送られたらいい迷惑です。一度や二度ならまだしも毎回送られてしまったら返す気にもなりませんのでやめましょう。

次に写メなどの活用ですが、これも夜景や料理などで今日の一日をやったことの中で一回程度ならば送ってもいいと思いますが自分の顔写真ばかりを送ったり体の写真を送ったりするのはやめておきましょう。

最後にメールのやり取りで大切なのは相手との呼吸とリズムを感じ取ることです。相手のことを考えずに一方的に送るのだけはやめましょう。一回来たら一回返すようにしましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る