告白の成功率を高める伝え方

真剣に気持ちを伝える

後悔するような告白だけはしない

出会い系サイトだけの話ではないですが、告白をしないと友達以上恋人未満の関係から抜け出せないですよね。

告白をするのは男性から行うことが定番ですよね。

ですが、告白をするのは非常に勇気がいることだと思います。

何歳になっても何回告白をしたとしてもいざ告白をしようと思ったらドキドキして唇もカサカサになってもし断られてしまったらどうしようと思いながら勇気を振り絞って伝えますよね。

しかし、告白をしないといつまで経ってもそれ以上の関係にはなりませんし、相手も気持ちが冷めてしまって他の人に心が傾いてしまう可能性がありますので告白をしないと始まらないものです。

だからこそここでは少しでも告白の成功率をあげるためにどういった行動を取れば良いのか紹介をしていきます。

特に大事なポイントとしてやはり適当な感じや冗談半分で伝えたり、相手に『付き合ってみる?』みたいに聞くようなスタイルで言うのは絶対に止めてください。

女性は真剣に告白をされたいと思って待っているわけです。その時に上記のような言い方をされてしまったら親権に言われたかったと気持ちが冷めてしまいます。

せっかく相手のことをいいかなって思っていたのに告白のされ方で気持ちが冷めてしまったという女性も意外と多いです。

また断られた時にもっと真剣に気持ちを伝えればよかったと後悔をしてしまうことにもなります。

たとえダメであったとしても自分の気持ちをしっかりと伝えれば気持ちもスッキリしますから後悔するような伝え方だけは止めて真剣に伝えるようにしましょう。

まずは相手の目を真剣に見て相手と対面して面と向かってキチンと伝えるようにしましょう。

長い台詞やロマンチックな台詞を言っても良いですが、それよりもシンプルに真剣な表情で、『好きです、大事にするので付き合って欲しいです。』のように分かりやすい言葉のほうが伝わりやすいです。

またその場の雰囲気も大切にしましょう。

大衆居酒屋でワイワイうるさい中で伝えるよりもロマンチックな夜景や海が見えるような静かな場所で真剣に伝えたほうがいいですよね。

女性はドラマや漫画などで見るような告白シーンに憧れるものです。

真剣な姿勢とロマンチックな場所で伝えるようにしましょう。

告白は三回目がベスト


もう1つ大事なこととして告白は何回目のデートで伝えるのかということです。

出会い系サイトで初めて会ってデートをしたその最後に伝えたとしても相手はまだ初対面でいきなり会った人に告白をされても相手からしてみればまだどんな人か分からないと思いますし、誰でも良かったんじゃないの?って思われてしまいます。

いくら出会いを求めて利用している出会い系サイトであろうとも早すぎます。

1つの山場というのが3回目のデートで伝えるということです。

3回目となればある程度好意を持っていないとデートをしようとは思わないですよね。

もし恋人として見れないとなったら何だかんだ理由をつけて断られて会わないようになったり、連絡をしても返事がなかったりしますよね。

1回目、2回目とデートを重ねていけばお互いのことを分かりますし、付き合うかどうかの判断もある程度していると思います。

お互いに打ち解けて気持ちもどんどん付き合う方向になって盛り上がっていきます。

また恋愛のマニュアル本や女性雑誌などでも何回もデートで告白されたいというアンケートに多くの女性が3回目と答えていますよね。

3回目のデートで告白をするというのはもはや定番となっています。

ですから女性側もある程度告白をされるのではないかと期待してきているわけです。3回目で伝えるようにしましょう。

裏を返せば3回目のデートまでの1回目、2回目の時は全力で相手を褒めたり、レディーファーストで接してあげてとにかく3回目のデートにこぎつけることが大切なんです。

ぜひとも標準を3回目のデートにあわせて行動をするようにしましょう。

いきなり最初のデートでがっついて告白をしても返り討ちにあってしまうということを覚えておきましょう。

後悔するような告白だけはしないのまとめ


告白をするのは本当に緊張しますし、振られてしまったらその場で関係が終わってしまう可能性が高いです。

しかし、いつまでも告白をしないというのも女性の気持ちが離れていってしまいますので相手に自分の気持ちを伝えると決めて後悔しないように全力で伝えてください。

もちろん2回目のデートでとても雰囲気がよかったり3回目のデートではまだ告白をするような雰囲気ではないなどマニュアルどおりには行かない場合もあります。

その時は臨機応変に対応をするようにしましょう。大事なのはお互いの距離感にあわせて行動をするようにしましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る